Fresco Cave Suites & Mansions Fresco Cave Suites & Mansions Fresco Cave Suites & Mansions Fresco Cave Suites & Mansions Fresco Cave Suites & Mansions Fresco Cave Suites & Mansions Fresco Cave Suites & Mansions Fresco Cave Suites & Mansions Fresco Cave Suites & Mansions Fresco Cave Suites & Mansions Fresco Cave Suites & Mansions Fresco Cave Suites & Mansions

歴史

  • fresco cave hotel turkey
  • fresco cave hotel turkey
  • fresco cave hotel turkey
  • fresco cave hotel turkey
  • fresco cave hotel turkey
  • fresco cave hotel turkey
  • fresco cave hotel turkey
  • fresco cave hotel turkey
  • fresco cave hotel turkey
  • fresco cave hotel turkey
  • fresco cave hotel turkey
  • fresco cave hotel turkey
  • fresco cave hotel turkey
  • fresco cave hotel turkey
  • fresco cave hotel turkey
  • fresco cave hotel turkey
  • fresco cave hotel turkey
  • fresco cave hotel turkey
  • fresco cave hotel turkey
  • fresco cave hotel turkey
  • fresco cave hotel turkey
  • fresco cave hotel turkey
  • fresco cave hotel turkey
  • fresco cave hotel turkey
  • fresco cave hotel turkey
  • fresco cave hotel turkey

「愛する人よ、あなたの人生は、春の新緑と活力で満たされたこの館で、何千もの祝福を受けるであろう。」

 

これは2つの邸宅を結ぶ古い時代のドアの上の碑文、18世紀の詩人Fehmi Beyによって書かれた最初の2行です。

 

西洋におけるFresco Cave Suites & Mansionのグラビア印刷物による最初の記録は、有名な冒険家であり画家でもあるCharles Texiereがアナトリアを探検した様子を、1830年代に文書化しています。

複数の邸宅の集合による大きさと環境の感触を得るためにメインの入口の前に位置するTemenni丘(願いの丘)へ歩いて行くと、そこからの眺めは信じられない位魅力的なパノラマです、とTexiereはFresco Cave Suites & Mansionについて語っています。

「雄大な高原を目にして驚きのあまり立ちすくみました。ここより魅力的でシャープな世界は他にはないでしょう。」

この邸宅は18世紀の後半に建てられました。

 

邸宅の初期建築の部分(Haremlik とSelamlık) は、ユルギュップの初代市長Yesari Beyによって建てられました。

建物の前面と背面側の壁を飾るいくつかのフレスコ画があります。

 花柄のみ描かれた邸宅は敬虔なイスラム教徒によって所有されていたことが伺われます。

ニッチの絵画は「楽園の門」または「楽園のカーテン」と呼ばれ、イスラム芸術の古典的テーマです。

Yesari  Bey 市長はギリシャのマスターにこれらの絵を描かせました。

彼はまた、フレスコ画が傷つくのを恐れて、毎日行われていた、邸宅を通過してDamsa川へ行く羊の群れのルート変更を命じました。

 

この邸宅はHaremlik、Selamlik、Yesari Bey、そしてKayakapıの4つの部分から構成されています。

HaremlikとSelamlikは当時のユニークなトルコイスラム教建築です。

1900年代初期に2番めのオーナーAkıllıoğulları一家が邸宅を所有することになりました。Ismail Akıllıは13年間ユルギュップの市長を務めた人物です。

3つめのYesariと呼ばれる邸宅の部分は初代オーナーでユルギュップの最初の市長であるMunise、Mufti Şeyhülislam Hayri Efendi(第一次世界大戦を宣言したオスマン帝国の宗教役員の長)の妻が住んでいたと思われます。

1928年、Munise Hanımとその弟は彼らの所有する部分を、仲の良かったAkıllıoğlu一家に寄贈しました。

それから邸宅はAkıllıoğulları Konağı邸宅と呼ばれるようになりました。

1990年、Mehmet Toybıyıkはその場所と、隣接する邸宅を購入し、合併させブティックホテルにすることに決めました。

何年もの計画と研究を重ね、彼と彼の職人チームはアナトリア建築の伝統的な素晴らしい魅力を失うことなく復元しつつかつ現代的にするため、2009年に仕事をスタートしたのです。

そして2011年、Fresco Cave Suites & Mansionがオープンし、ゲストを迎えることができるようになりました。

「フレスコ」という名前の由来は、邸宅にある多くのフレスコ画からきています。

Fresco Cave Suites & Mansionは多くの歴史と文化的価値を持っています。いくつかを紹介しましょう。

 

*教育キャンペーン期間、中等学校(1948年):

1940年代、画期的な教育がユルギュップ市によって行われることになり、1948年にFresco Cave Suites & Mansionの一部であるHaremlikが中等学校として使用されました。

28人の学生がこの建物で2年間教育を受けました。

 

*Munise Hanım(イスラム教宗教役員長の妻)の家:

オスマン帝国最後のイスラム教宗教役員長、正義・教育・寄付を司る大臣で、第一次世界大戦を宣言した人物の妻がFresco Cave Suites & Mansionの一部であるレストラン、ロビー、及び小さなプールから成る場所に住んでいました。ルームNo.207が彼女Munise Hanım.が住んでいたとされます。

 

*洞窟トンネルを経由したオールドユルギュップ市(Prokopi)へクリーンな水をひくための水道管:

クリーンな水を引くためにユルギュップから15km離れたKavak村より水道管が引かれました。水道管は1720年にオスマン帝国の宰相により設立され、それは今なおFresco Cave Suites & Mansionの中で見ることができます。

 

*Cybele(地母神)の黒い石:

HaremlikとSelamlıkの間の大きな庭に立っているCybeleの黒い石は、ユルギュップで発見された典型的で最も大きなものです。

それはフリギア(BC12世紀~BC275)の地母神、Cybeleです。

 

古代より石の明るい面は太陽に向かって置かれ(現在のように)、Cybeleの明るい光を象徴しています。

 

先史時代より石の信仰はシュメール、アッカド、バベル、そしてエジプトの社会では人生の重要な一部でした。

石はお守り、魔除けとして信じられてきました。それらは「石の神」であり、アッカド帝国においてそれは最も偉大な「太陽の神」としてパワーを持っていました。これらの種類の石は寺院や宮殿の最も重要な装飾でもあります。

 

高い岩山や岩丘が世界の中心と信じられてきたので、Fresco Cave Suites & Mansionの後方にある岩丘Kadı城は「Katugala」(カルト崇拝の偉大なる母。祭壇のようなもの)として使用されていた可能性が大きいと思われます。

 

*碑文

 

「愛する人よ、あなたの人生は、春の新緑と活力で満たされたこの館で何千もの祝福を受けるであろう。」

 

Fehmによって書かれた、歴史の言葉は真珠の輝きに満ちています。

この石のパネルに書かれた日付はDevr-I Şist時期(1715年)です。

 

2つの邸宅を結ぶ古い扉の上にある碑文に刻まれた詩の最初の2行、それは1700年代第一四半期に詩人Fehmiによって書かれた、符号化計算された文字です。(オスマン文字の中で使われた一種の秘められたライティングテクニック)

 

*フレスコ画法(壁画)

湿らせた石灰の上にいくつかの物質(水や石灰)を混ぜて作られた顔料で描かれます。簡単に思えるでしょうが、この方法を使って絵を描くことはとても難しいのです。耐久性を高めるためにはスタッコ(石灰層)の準備をしっかりしておかねばなりません。

Fresco Cave Suites & MansionのHaremlik と Selamlıkの最初のオーナーはフレスコ画1mにつき金貨1枚(現在の価値で約$100)を支払いました。ギリシャの画家はとても素晴らしい仕事をしました。またその一方で、2番めのオーナーはフレスコ画を守るために邸宅を通過する羊の群れのルートをお金を支払って迂回させました。そのため埃などからフレスコ画は守られたのです。

 

*繊細な熟練石工

石の作品を見た時、まるで詩や絵のような感性を持って石工が造り上げたことがわかるでしょう。彼らは感情や感動、心の動き、期待、喜びと悲しみを石に込めています。長い年月に耐え、残された石の芸術は彼らの心を表現する証人です。

 

*古い洞窟ハウスと小さなキャラバンサライ

旅人たちがユルギュップを経由する時、小さな洞窟キャラバンサライが1970年まで利用されていました(キャラバンサライとは隊商宿のことで、商隊が彼らの家畜・馬、ラクダ、ロバなどと共に宿泊出来る場所)。

 

付け加えることとして、Fresco Cave Suites & Mansionsは旧市街の中心に位置するので、自然や文化、歴史のモニュメントにとても近いのです。

これらはWebページの“brochure”(パンフレット)の中の “attraction leaflets”(アトラクションリーフレット)でまとめられています。

Fresco Cave Suites & Mansions